今すぐできる格安業者の見つけ方

荷物の運搬が安いのはどこなのかって気になりますよね。

 

もしも、単品だけの荷物なら運送業者に依頼する方法もあります。

(料金検索で荷物一つ当たりの料金が分かります。)

 

 

複数の荷物があるのであれば、引越し業者にまとめて運んでもらう方法もお勧めです。

(引越し価格ガイドは簡単1分で相場も分かります。)

 

 

たとえ、一つの荷物でも一社だけの見積もりではもったいないです。
提示される料金にはバラつきがあり、どの業者も同じ料金にはなりません。

 

 

なので、様々な運送の専門業者での比較が必要になってきます。

 

業者によっては運搬する荷物が得意であったり、不得意であったりと色々違うんですよ。
もちろん、運ぶ距離数でも異なりますし、荷物の大きさや数量でも安くする運送方法は変わってきます。

 

それに、複数で比較することによって、他社に比べて最大50%OFFの料金になった。なんて事も実際にあるんですよ。

 

業者さんにとってはどうしても仕事を入れたいので、ここで価格競争が起こる訳なんですね。

 

 

その価格競争を上手く使って、格安料金をだしてもらう為にあるサービスが一括見積もりサービスなんです。

 

 

もちろん、大手を代表するクロネコヤマトや日通、佐川急便など、参加しているサービスもありますので、
荷物の運搬なら料金を無料でしっかり比較して、節約のために役立ててみてください。

 

現在、ご利用者の多い無料一括見積もりサービスはこちら!

 

現在、テレビCM放送中の引越し侍は、荷物の運搬を得意とする業者だけが参加中です。

 

大手ではヤマトや佐川から、また中小を合わせると200社以上、その中で10社までの見積もり比較が出来ます。

 

各社が提供するプランの中で最安値を見つけるためにご利用下さい。

 

最大差額50%OFF!人気No.1』
詳しく見てみる⇒⇒

 

 

ズバット比較は利用者の実績が400万人以上と、人気のある一括査定無料サービスです。

 

査定の業者はヤマトや日通、福通といった大手など220社以上が参加しており、その中から最大で10社までの無料見積もりが取れます。

 

見積もり業者の空き状況によっては低価格の企業を見つける事も可能になります。

 

また操作が不安な方に向けてフリーダイヤルによるお問い合わせも出来るようになっています。

 

『ご利用者400万人越え!』
詳しく見てみる⇒⇒

 

 

最大50%割引も可能なライフルは、運送業者の料金を比較できる老舗の一括見積もりサービスです。

 

参加業者は130社で、運送大手のクロネコヤマトや日通から、軽貨物を安く運べる赤帽まで参加中です!

 

申し込み前には対応が出来る業者が一覧で表示されますので、その中で査定を依頼したい業者だけをチェックする事もできます。

 

現在は、お申し込みされた方のみ対象でキャッシュバックキャンペーン実施中です。

 

『クロネコヤマトや赤帽が参加中!』
詳しく見てみる⇒⇒

こちらのサービスの利用料金は一切かからず、もちろん運賃の比較だけのご利用でも大丈夫です。

荷物運搬の料金が各社違う理由はなんで?

実は、運搬の料金には上限いくらまでといった決まりはありません。
なので、運輸局への届出での際の審査に通る運賃であれば、いくらでも高くしたり安くしたりすることが可能なんです。
(全国物流ネットワーク協会に加盟している業者であれば、運賃に決まりはあります(届出をして認可を受けた金額)が、上限・下限の幅が20%程度異なります。)

 

つまりは、安くしたい、安くしてでも運びますよという業者を見つける事が肝心です。

安い引越し業者の条件

 

安くしたい業者とは、トラックに空きがある、従業員が時間を持て余している業者の事を指します。

 

(通常では、繁忙期の3月4月以外の平日に空きが出ます。午前よりも午後の方がお客様は少なくなります。)

 

 

また、人件費の設定も各社色とりどりです。

人件費は平均で一人当たり12000円~18000円(1日)が目安になりますが、特に決まりは無く自由に設定できます。

 

業者の人件費

 

運搬する荷物の大きさや重量により、1人で済む場合もあれば2人かかる場合も会社によって異なるので、人件費も無視はできません。

 

 

加えて、荷物の運搬方法にも違いがあります。

どのような荷物、またサイズや輸送距離によっても利用するトラックのサイズが異なります。

 

トラックだけでなく、家具だけの輸送プランや単品だけの運送プラン、荷物が小さくて少量であれば単身パックも視野に入りますね。

 

荷物運搬のための色々な配送プラン

 

さらには、鉄道を利用したコンテナ輸送や、海を利用した船便、空を利用した航空便など多種多様の運搬方法があります。

 

結局どこが安いのかを調べて行くには、複数での見積もりを取っていくしかないのが現状です。
なので、当サイトでは一括見積もりで比較される事をお勧めしています。

荷物運搬ってどの業者を選べばいいの?

荷物の運搬は、利用される業者のトラックのナンバーが緑ナンバーであれば依頼は可能です。

(白文字に背景が緑のナンバーが一般貨物自動車運送の許可を受けた業者です。)

運送業者は緑ナンバー

 

代表的なのは運送業者や引越し業者ですが、最近では近距離での移動であれば赤帽や便利屋さんでも請け負ってくれます。

 

 

ただし、重量や大きさ、また荷物量や移動距離によって異なるため、依頼する業者はケースバイケースです。

 

 

例えば、荷物の梱包や荷造りが必要な場合は引越し業者が慣れており、また、梱包資材の手配も無料配布サービスが多くなってきています。

引越し業者は資材や荷物の梱包は無料

 

また近所への引越し距離で、重量もかさまず、荷物数も少ない場合は赤帽や便利屋さんが費用面で見れば安くなります。
(赤帽は基本的に作業スタッフは1名です。また長距離での移動の場合は高速利用料の往復代がかかる場合があるため、事前確認は必須です。)

 

 

その他では、ダンボールに入る荷物であれば宅配業者も利用できます。

運べる段ボールのサイズ規定(160cmまで25kg以内)はありますが、少ない荷物でかつご自身で梱包も可能であれば、念のため料金をチェックしておきましょう。

 

 

また、タクシーを利用して荷物の運搬を試みる方もいらっしゃいます。

タクシーで運搬

 

しかし、もし事故の場合、人に対しては保険が効いても、荷物に対して保険が下りない事があり得ます。
(人を移送するための許可が下りていても、物を運搬するための許可が下りている訳ではないため。)

 

お勧めなのは荷物輸送のプロとなる運送業者や引越し業者になりますが、どの業者で依頼される場合も事前に保証の確認と、建物の養生が必要な場合は、合わせて確認を行って下さい。

荷物運搬の料金っていくらぐらいかかるの?

運賃はもちろん、運搬する荷物のサイズや距離距離で変わってきます。

 

そこで、ここではどんな業者にどのような配送方法やサービスがあり、またそれぞれいくらぐらいなのか見ていきましょう。

 

 

※掲載中の料金は改定されている場合がありますので、見積もり時に公式ホームページを参照して下さい。


家具や家電など荷物を一つだけ送りたい場合

 

大きな家具や家電を一つだけ送る場合には、運送業者にサービスがご用意されています。

 

  • ヤマト運輸
    • クロネコヤマトの家財宅急便
    • ヤマト便
  • 佐川急便
    • 大型家電・家具配送サービス
    • 単品プラン
らくらく家財宅急便(一つあたりの荷物につき)
サイズ/距離 同市区内 500km(東京~大阪)
200サイズ
(小型タンスなど)
4000円 4900円
250サイズ
(小型冷蔵庫など)
6850円 8050円

300サイズ
(食器棚など)

9950円 11250円
400サイズ
(ダブルベッドなど)
21250円 23950円

 

 

らくらく家財便は重量ではなく、3辺の合計サイズで料金が変わります。
また、お荷物の梱包は全てお任せ出来ますが設置費用は別途必要な場合があります。


 

ヤマト便(一つあたりの荷物につき)
サイズ/距離 同一市区内 500km(東京~大阪)
30kgまで 2388円 2712円

 

 

 

※ヤマト便は、一つの荷物の重量が30kgまで、高さ・横・奥行きの合計が200cm以内となっています。
また、家具や家電など荷造りが難しい荷物でも個人で行う必要があるため割安価格です。


 

 

佐川急便※法人のみ(一つあたりの荷物につき)
サイズ/距離 同一市区内 500km(東京~大阪)
200サイズ
(パソコンチェアなど)
3446円 3543円
260サイズ
(洗濯機など)
6005円 6102円
300サイズ
(2人用ソファーなど)
8781円 8878円
400サイズ
(大型衣装タンスなど)
19548円 19656円

 

 

※佐川急便の大型家具・家電輸送設置サービスは、法人のみの取り扱いとなっています。(受取人は個人でもOKです。)
また、重量は80kg以内となり、それを超える場合や個人が依頼する場合は、下記、引越し部門のSGムービングで依頼が可能です。


 

 

SGムービング(佐川急便引越し部)
サービス名 同一市区内 500km(東京~大阪)
単品プラン 要見積もり 要見積もり

 

 

※単品プランは個人でもご利用できますが、公式サイトから見積もり・お問い合わせが必須です。
また、荷造りや梱包は全てお任せ出来ます。


 

運搬する荷物が段ボールに入り、かつ箱数が少ない場合

 

段ボールに入る荷物で、梱包も自分で行える場合では、宅配便の利用も検討してみましょう。

 

宅配便・宅急便(同一県内)
サイズ/会社名 郵便局(ゆうパック) 佐川急便(飛脚宅配便) クロネコヤマト
60サイズ
(2kgまで)
800円 756円 907円
80サイズ
(5kgまで)
1010円 1026円 1123円
100サイズ
(10kgまで)
1260円 1361円 1361円
120サイズ
(15kgまで)
1500円 ーー 1577円
140サイズ
(20kgまで)
1750円 1815円 1814円
160サイズ
(25kgまで)
1970円 2031円 2030円
170サイズ
(50kgまで)
2300円 2376円

(飛脚ラージサイズ宅配便)

ーー

 

 

※ゆうパックはサイズ(3辺合計)の大きさのみで料金が変わります。重量は25kgまでです。
また、25kg超え30kgまでのお荷物は重量ゆうパック(+500円)になります。


 

ちなみに、10箱以上も送るとなると1万円をゆうに超えてしまうので、下記の単身パックを推奨します。

 

 

小さな家電や細かな荷物を少量(押し入れ一段分ぐらい)送りたい場合

 

運搬する荷物が、小さな家電や段ボール10箱程度ある場合には単身パックの利用も検討してみましょう。

 

大手3社単身パック(同一市内)
サイズ/会社名 クロネコヤマト 日通 佐川急便
単身パックSサイズ 16000円 17000円 要見積もり
単身パックLサイズ 17000円 18000円 要見積もり

 

 

※家電類の梱包は当日の引き取り時に作業スタッフが行ってくれます。
また、ダンボール資材費は別途必要です。


 

近距離かつ、家具や家電などそこそこの荷物(押し入れ二段分ぐらい)を送りたい場合

 

送る荷物が増えてくると、引越し業者でのまとめて運搬の方が安くなるケースがあります。また、赤帽の料金も見ていきましょう。

 

赤帽の運賃表
サービス名 20kmまで2時間以内 追加料金
距離制運賃 4860円 距離が1km延びるごとに108円~216円加算。時間は30分ごとに540円
時間制運賃 4860円 30分ごとに1350円
引越し運賃 13500円 ーー

 

 

※引越し運賃は割高になりますが、荷造りが必要な荷物が多い場合には、引越し運賃が適用されます。
エリアごとに料金が異なるケースもありますので、要見積もりでお願いします。


 

中・長距離で大型家具や家電が複数点ある場合

 

運搬する荷物が多い場合で、移動距離が長いケースだと引越し業者にお任せするのが一般的です。

 

引越し運賃表
距離/トラックサイズ 1tトラック 2tトラック 4tトラック
4時間制 12300円~ 13550円~ 18090円~
8時間制 20500円~ 22750円~ 26820円~
100km超え 22740円~ 25140円~ 28650円~
200km 31190円~ 34620円~ 39510円~
500km 56240円~ 62520円~ 71160円~
以降50km毎に 4190円~ 4660円~ 5310円~

 

 

※移動距離が100km以内(高速1時間が目安)の場合は時間制運賃に、100kmを超える場合には距離制運賃が適用されます。
専用トラックで運搬する場合の料金ですが、引越し業者には他に割安な輸送方法もあるので要見積もりです。


 

距離を問わず小物~大物荷物まで複数点ある場合

 

近距離から遠距離まで、また一人暮らし程度の量となる小物や大物荷物をまとめて配送したい場合には、引越し業者に格安の特別プランがあります。

 

少量荷物の限定プラン
引越し業者名 プラン名 料金
アリさんマークの引越し社
  • 超ミニ引越プラン
  • 特ミニ引越プラン
  • ミニ引越プラン
要見積もり
アーク引越センター 大物限定プラン 要見積もり

 

 

引越し業者は見積もりを取らないと正規の金額が分からないため要見積りとなります。無料なので多めに取って見比べてみましょう。


 

以上、荷物の数量や大きさ、また移動距離で運搬方法や格安業者が変わってきますので、複数社での見積もりは必要です。

 

次に、料金が安い会社でも最低限、確認したいポイントについて見ていきましょう。

荷物の運搬料金が安くても確認したい3つの事

荷物の運搬料金が安い業者が見つかった場合には契約前に確認したい事が3つあります。

 

荷造りはやってもらえますか?

大型荷物の荷造りの是非

 

まず一つ目が、荷物の荷造りです。

 

段ボールに収まる雑貨品などの荷物であれば素人でも荷造りを行えますので、小物類は問題ありません。

 

しかし、大型家具や家電などは、傷を付けたりや破損しないように専用資材で保護をしなければいけません。

 

例えば、プチプチでくるんでロープで縛ったり、大きめのダンボールに入れ運びやすいように紐で持ち手を作ったりといった作業は慣れていないと到底できません。

 


※家具運搬の際には動画のような専用素材での梱包が必要です。

 

資材配布が無い、また梱包を行ってくれない業者だと、余計な出費と手間がかかってしまいますので、運搬する荷物によっては荷造りを行ってもらえるのか確認してください。
(※特に、故障の多い家電や家具は多少割高になっても、荷造りをしてくれる業者を選ぶべきです。)

 

 

建物の養生はやってもらえますか?

建物や廊下の養生

 

小さな荷物であれば養生は必要はありませんが、大きな荷物の運搬になると、廊下や階段の壁面、また玄関や部屋の入り口には、傷やへこみ、穴空きを防止する為の防護材による養生が必要になります。

 

 

専用資材での養生は業者により無料と有料と変わるので確認をして下さい。
(※建物の養生を行うのは引越し業者のみです。運送業者は基本行いません。)

 

 

保険には入っていますか?

運送保険

 

荷物の運搬時には破損や故障といったケースもあるので保険の確認は必須事項です。業者により未加入の場合もあるため契約前に確認をして下さい。

 

保険には色々な種類がありますが、基本的には運搬料金に含まれるケースが多く、大きく分けて引越し業者の場合は引越し保険、運送業者の場合は運送業者貨物賠償責任保険に加入しています。

 

保険の内容としては似通っている部分が多く、対象外になる荷物は宝石や貴金属類、現金などなどです。運搬時の想定不可能な事故や自然災害による荷物の破損も対象外になります。

 

限度額は1000万円までのタイプが多いですが、保証されるのは時価相当額、または修繕費までです。特に高価な荷物や重要な荷物を運搬する際には、事前に保険について確認しておきましょう。

複数点ある荷物の運搬を格安にする方法ってあるの?

荷物の運搬を格安にする方法は様々ありますが、ここでは複数点の荷物を運ぶ場合にはどういった方法が安くなるのかを掲載します。

 

トラック積みきり便を利用する。

 

積み切り便で安くする

積みきり便とは、業者のトラックに詰めるだけ荷物を積み込む方法です。
家具や家電など自身で運べない荷物に優先順位を付けて先に積み込んでいってもらいます。
トラックの容量が一杯になったらそこで積みきりとなるため、積みきり便と呼ばれています。

 

引越し運賃はトラックの大きさで決まりますので、例えば軽四サイズでの積みきりでお願いすれば、その分の料金だけで済みます。
2tトラック2台も必要なお荷物がある場合でも、1台に乗るだけの荷物量と指定すれば1台分で済みます。

 

ただし、残った荷物は自身で運ぶという契約になりますので、長距離区間での運搬であれば非推奨になります。

 

 

 

運べない大きな荷物だけを依頼する。

 

大きい荷物だけを限定して運搬

上記の積みきり便よりも安くなるのが大きな荷物の運搬だけを依頼する方法です。

 

運送業者はお荷物一つ当たりにつき運賃が決定して行きますので、複数点あれば料金が高くなってしまいます。
また引越し業者も同様に荷物一つ一つに点数を付けて計算しトラックのサイズを決定しますので、この点数が低いほどトラックも小さくなり料金は安くなります。

 

こまごまとした物は自身で運ぶ分、業者側の作業時間も短くなるためその分安くなっていきます。

 

 

運搬だけを依頼する。

 

トラックと運転手だけを手配する

荷物の搬出から搬入はご自身で行い、運搬だけを依頼する方法もあります。
こちらは運転手付きのレンタカーといったイメージですね。

 

どういった荷物を運搬するのかにもよりますが、大型荷物であれば2人、3人と人手が必要になりスタッフの人件費がかさんでしまいます。
しかしこの方法だと運転手だけの人件費だけで済むので安くなるという方法です。

 

運送以外の全ての作業はノータッチになるので、荷造りから必要であれば養生や、キャリー付きの台車を用意できるなど、慣れている方にはお勧めの方法となります。

 

 

大手業者では、佐川急便のチャーター便プランがこのプランに該当します。
荷物を輸送する際に、トラックの準備と運転だけを行うドライバーの手配をスタッフが行います。


 

トラック帰り便を利用する。

 

トラック帰り便で安くする

トラックが遠方の目的地まで荷物を運び、その帰り道の道中に荷物を積んで帰ることから帰り便と呼ばれています。

 

燃料費も高騰しているため、トラックが空荷で帰るよりも、荷物を積んで帰った方が効率的になるため安く出来るという方法です。

 

主に運送業者が採用している方法であるため、荷造りは自身で行わなければいけない。日時の融通が効かせにくいなどの制約があります。

 

また、大手業者は各エリアに営業所を構えていますので、この方法は意味がありませんが、長距離輸送を得意としている業者、全国に営業所が無く、帰路が必要な業者であれば対応できる場合があります。

 

 

ウェブ上で「帰り便運送業者」と検索すると、対応できる業者が分かります。


 

番外ですが、レンタカーを使って運搬する。

 

時間のある方限定になりますが、少しの荷物なら、軽トラックをレンタルして運搬する方法もありますね。

 

軽トラのレンタル代は1日で約10000円弱で済むので荷物量によっては安く済むかもしれません。

 

注意点としては、荷台の寸法をしっかり測り、全ての荷物を載せれるか確認する事です。

軽トラの荷台幅

 

例えば、ベッドのマットレスは横にすると荷台からはみ出してしまいます。
また、立てた場合や運転中に倒れそうな荷物は、ロープでしっかり固定する必要が出てきます。

 

もし、屋根の無いトラックを借りた場合だと、雨天時には雨や水漏れを防ぐためにシートを掛けたりと工夫が必要になります。
(特に家電は少しの水滴で故障が起きますので注意して下さい。)

 

さらに、重量のある荷物なら、お手伝いをしてくれる人も探さないといけません。

 

運搬車として軽トラックや2tトラックを使用する場合は、ミッション車が多いため運転に慣れていないと大変な点も否めません。

 

自力運搬はお勧めしませんが、どうしても軽トラックを借りて自力で運びたい方はこちらを参考にして下さい。
自力で大きな荷物を運搬する方法や便利なアイテム


更新履歴